JAVOとは

趣旨・目的
 
 

水陸両用車は欧米諸国、東南アジアなどで観光事業として活用され、多数の乗客を集める観光資源として認知されています。防災面においても被災者救援や、物資の輸送などの用途に有効です。
また、国の機関により公共交通活性化プログラムの一環として、水陸両用車による社会実験が計画され、地方では地域活性化のため水陸両用車を活用した観光事業の計画も進んでいます。四方を海に囲まれ、水資源の豊かな日本では、水陸両用車への観光面、防災面の期待が高まってくることも予想されます。
 
JAVO(特定非営利活動法人日本水陸両用車協会)は、地域住民及び自動車関連業者、造船関連業者、観光事業者に対し、水陸両用車の開発・導入・運用に関する情報の提供や指導の事業を行い、災害救援活動の充実や、地域のまちづくり、観光事業の発展に寄与することを目的としています。
 
 
【理念】
私たちは水陸両用車のパイオニアとしての誇りをもって、お客様に夢と感動を与えます。
 
【ミッション】
私たちは水陸両用車を活用することによって地域の活性化による社会貢献を志し、その喜びを共有いたします。
 
【ビジョン】
1.水陸両用車の観光活性資源としての認知度を上げ、
  行政協力とともに健全な産業としての確立を図っていきます。
2.水陸両用車を活用することで関係各位と共にさらなる付加価値を創出し、
  自立継続可能な産業としての確たる地位を築き上げていきます。
3.水陸両用車を(諸外国からの観光客を含め)人口集中する都市圏での運行を根付かせ、水辺観光開発事業を確立させることによって、日本の元気の源の一つになるべく推進していきます。
 
【行動指針】
1.安全は全ての基本といたします。
2.社会的コンプライアンスを重視いたします。
3.周囲の方々の理解と協力に感謝し、更なる発展と継続で貢献します。